FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近全然更新しとりませんでしたね。
ネタはぼちぼち溜まっているのですが、まあじわじわ消化します。

生活に新しい要素が入ってくると、既存の要素への自分の振り分けかたを変えなくてはならなくて、それはすごく怖いことであると思う。
下手なステイタスの振り方をしてしまうと雑魚の出来上がり。
モンスターでも育成する気分。

そんな雑魚にはなりたくないんだけど、やっぱこうげきが足らないとこうげきばかり上げちゃうし、ぼうぎょが低いってなったらぼうぎょ上げちゃう。
先を見越してすばやさを上げれる人間になりたいな。

とりあえず春期は毎日朝からでねむいのです。ですよ。
スポンサーサイト
321の記録。
ゆうて食ってばっか。
ぷえー


P1000309.jpg
アップルパイいただきますた。4人分サイズ。しかも手作り。
後から聞いたらお返しだったらしい。
味もすごく美味しいです。(まだ食べきってない)
嬉しいけど何か悔しいんだ!クオリティ高すぎて!(笑)



2010032016230000.jpg
うちの前のカフェのココナッツパフェですよー。
バナナとココナッツアイスの相性が抜群すぎてヤバイ・・・・・・!
超近いし通おうかな。。
そういえば食べてるときに横の窓から外を見ていたら、雨風に苦戦しながら自転車こぐツンバさんを発見してしまった。乙。


P1000310.jpg
豆乳ごま鍋なんだぜ!
絵に描いたみたいに美味しそうな感じに煮えたのでパシャリ。
ががががんも!


★パインテール
にはじめて行ったよ。
なんというか、オシャレだし美味しいけど、店内BGMが超気になるという。
アバとかYMOとかストーンズとかナツカシ歌謡とかが流れてた。

★サマーウォーズ
を見たよ。
うん、よかった。(笑)
キャラがひとりひとりすごく生き生きしているし、世界の危機と、田舎のほのぼのした家族の夏ってのが同時進行するってのがまたよくできてるなって。そういうのってアニメだからこそ出来るのかな、もしや。
いろいろ昔を思い出したり、感情移入したりして、心温まる話だった。
実は何度かうるうると来てしまったという。
忘れてた何かを思い出させるような、そんな感覚がしたのでした。
映画批評下手なのでした。おそまつ。





気持ちとかって、瞬間瞬間で更新されていくものなんだなって。
こうやって書いている間にもじんわりとタグが書き換えられていってる。

そんでもって、自分が考えて、実行してみようと思ったことが(実際出来ているかはおいといて)廻りまわって良い状況を呼び込んでくるもんだなって。


そんなことを感じた日でした。


そういえば、一ヵ月後とか一年後とかってなに考えてるんだろうな。
って考えに答えなんか出るわけないか。
2010.03.23 ふぉと
あげそびれていた写真。
それだけの記事。

20100323010034.jpg
塾の生徒が卒業して辞めるときにくれた。クオリティが高すぎてびっくり。
小学6年にしてこの才能はすばらしいぜぃ。
レーズンクッキーだったけど、味も美味しかった。



2010031020420000.jpg
あけさんとクックパッドで選んで作ったご飯。
鳥のねぎだれ炒めと白菜のサッと和え(だっけ)
白菜の美味しさが半端なかったっす。やばい美味さ。
レシピ見たらねぎだれの材料にはちみつ入ってたワロタw

2010031111080000.jpg
噂のチーズケーキ@あけさん作。
まじぱねっす。
結局このあとティムさん宅に持っていくまでにさらに試食して減らしてしまうという罠。
さて、暫く更新してなかったのでそろそろ。
なかなかまとまった暇がないと書けなくて。
ちょいちょい何かやるってのがへたくそなんだよな。



まーくんさんふぇすちばるについて。

書く視点ってのがいっぱいあって、
ライブを見る側、やる側、運営する側って。

見る側から言うならば、上級生バンドみてると卒ライと同じ、最後なんだって哀しさと、やっぱすげえやって思える感動とが襲ってきた。その一方でフレッシュな新バンドも沢山出ていて、そういう点ではかなり見ごたえあった。
新バンドではてのりが個人的にすっごい良かったと思う。また見たいって思えることって大事。
すごい楽しかったけど、でも、終わった瞬間に、これで本当に4年の先輩方は卒業なんだよなあと思って、穴が空いたような感覚がして。
でもまあ、やっぱ皆いい顔して弾いてて。あんな卒業を迎えたい。
あれ、これ卒ライのときと同じこといっとるわ。あほや。

でも制限時間の残り少なさを更に痛感したよ。
掴んでも掴んでも空しかつかめないよ。


やる側については、まあ久々だったので終始よう分からんテンションでしたよっと。
はっきりいって余裕あったライブじゃなかったし伸び代はまだまだたっぷりだけど、楽しかった。
やっぱりギター持って歌って弾いて合わせてってのはホント楽しくて。
技術に関してどうこうとか言える話ではないけど、俺たち音楽やるのこんなに楽しんでるんだぜ!的な何かが伝わればいいなと思う。これからもそれを目指していきたいな。
FMはいい意味でリラックスして取り組めるバンドだと思う。大事にしたい。

それにしても録音したら弱点丸分かりだね。





最低限のラインすら全うできてない自分が大口叩くのって出来ない。
それは意識すれば出来ることでだからこそ眼前にとらわれ失敗する自分が本当クソだと思う。
でも落ち込んでても仕方ないので、努力はしていきたい。
けど。
何か脳がいっぱいなんだよな。
変な感覚。ガタがきてんのかな。


結構上がり目だったのがピークを迎えて下降していく気がして、でも目そらしてる。
飛びたい。



今日のミュージック
APART / ART-SCHOOL
神すぎる。特にイントロ。
なにを今更って話か。早くちゃんときいときゃよかった。
今日はアートばっかりきいてたな。
2010.03.17 家族と。
福岡で何かしらしていることの多い毎日でしたが、何とか暇を作って先日帰省できました。
まあその日も前日塾の先輩の先生のお別れ会で徹夜をしたあと、大原に行くというハードなスケジュールをこなして、帰ったのももう夜の11時とかだったんだけど。
眠らずに待っていてくれた家族に感謝。

そんで、次の日は家族で日帰り旅行に行きました!
目的地は津和野!

…のはずが、3月という季節に見合わぬ雪が行く手を阻み、急遽秋芳洞に目的地変更。
簡単に言うと、まあ
雪で中国道が通行止め→下関で強制退出
という残念な感じ。

萩まで行こうかって言ってたんだけど、やっぱ天気怖いので、やめとこうって。

そんで向かった秋芳洞。実は秋吉台は最近行ってみたいな~なんて思っていたとこだったので、まあ丁度よかった。
でもあれね。正直、「秋芳洞とかいったって所詮ただのほらあなだろうが」とタカをくくっていたのだが、着いてみて深く反省した。


す、すごすぎる…!!

自然の芸術や!!とか思いながら、入り口にして既にテンションはMAX。
中の探索もうきうきしながら進みました。
まあおかんとねぇちゃんは途中で引き返してリタイアしたんだけど(苦笑)
車でのんびり~の予定がいきなりアクティブになっちったからね。仕方ないか…。
写真も沢山撮りました。一部ですが載せてみます。


P1000279.jpg
入り口から荘厳だよね!秋芳洞

P1000290.jpg
今回撮った中でも超リア充ぽいショットがこちら。
お気に入り。


P1000294.jpg
お土産街と家族。
この雰囲気がすごくいい。

P1000296.jpg
名物かっぱそばだそうで。

P1000298.jpg
秋吉台。きれいだあーーー





やっぱり家族といられる時間は出来るだけ作った方がいいと思った。
うん。
だってそれも無限じゃないからね。

後から悔やまなくていいように、生きたいね。
彼岸は、帰れるかなあ。
2010.03.03 卒業
去年の卒ライの時も前のブログに書いたけど、こうやって別れに直面して、やっと、そういえば、出会ったら別れなくちゃいけないんだって、思い出すんよな。

日常でそれを意識するなんてほぼ不可能で、だからこそ別れに直面したとき、すごく悲しくて寂しくて、現実味ない感じになる。


まず、前日寝る前から緊張していて、遅刻したら終わりだっていう単純な業務上の緊張と、明日がさいごなんだっていう、さいごを迎えたくないっていう恐怖に似た感情と、あと、だからこそ絶対いいものにしたいっていう、気負いみたいなので、結構寝れなくて。最終的にはどうしようもない肉体の疲労に負けてしまったけど。

当日の準備とかはまあ滞りなくいって、ほっとして。

ライブなんだけど、はっきり言ってものすごく楽しんでしまった。
楽しむのが仕事だったといって合理化したいけど、ホントエンジョイするほうに98%ぐらい使ってしまったヨ。

感想。
書きたいけど、はっきり言って膨大かつ感無量すぎて書ききれないってのが事実。
でも、私の中で思い入れが強い、てか強いって言葉じゃ弱いよ!ってくらい、思い入れ深くて大好きなバンドたちが次々と壇上に上がっていくことに、ものすごく寂しくて時々涙をこぼしてしまったわけだけど。一方で、先輩方それぞれがすごくいい表情で弾いているのを見て、先輩たちがびーろっくに対して感じてきた4年ないしは6年の想いがいかに深くてでっかいもんかってのを、そのカオから垣間見れた気がして。それがまたすげえなって。あたしもあと2年であんな顔してそこに立ってんのかなって思った。そんでもって、あんなカオが出来るようなサークル生活したいし、そんなサークルであり続けることが出来るよう、何かしらのアクションを起こしていかなきゃいけないと思う。
こんなんかくときれいごとみたいで嫌だな。
アクションって言ったってあたしに大革命ができるとか自負はなくて、しようとも思ってないけど、ここ最近であたしにおこったちっちゃいけど大事な小革命を、誰かに起こすことは頑張れば出来る気がするんだわ。
まだまだ、それすらもままならないけど、頑張る。ぼちぼちね。

最近時間ってほんと幾らあっても足りないなって思う。
なんでこんな話を卒ライの話題の間にはさむかって、だっていつのまにか3年の先輩たちは4年になって卒業までしちゃってるわけですよ。
まあでっかい別れが目に見えて迫ってきてるからそれを恐怖して言っているってのが、かなりあるけどさ、時間ってボーっとしてたらすぐ過ぎちゃうんだ。
不器用だから今はまだ、時間を有効に使うってことがあたしにはできてなくて、だからこそ、がむしゃらに時間を塗りつぶしている状態。それしか出来ないから、いろいろ問題は出てきているんだけど、それでも、充実しているとは思う。

とにかく総括するなら、卒ライはあらゆる角度からの感動と刺激になったということ、それと私はやっぱ先輩たちがすきだってこと、トリの選択は間違ってなかったってこと。
そんで、幾ら感動的な場面が用意されていても、最後って辛いなってこと、です。

思うこといっぱいあったけど、書ききれないし、個々のバンドさんに直接伝えるのも上手く出来ない気がするので、しまいこんじゃうかも。でもまあナチュラルにアウトプットできるよう少し頑張ってみるかね。


ブログって書き上げた後、本当にこれだけだったかな書きたいことってよく不安になるんだけど、そんで大概は何かしら書きたいこと抜け落ちてるわけだけど、まあしょうがないね。
とりあえず投稿。
足元はいつも急流。
そんな毎日です。


そんな感じで毎日が過ぎるから、すぐに書きたいことがたまりまくってしまうよ。


日曜日は濃密な1日だった。ツイートもしたけど。
昼はりことマイケルと3人でご飯を食べて、色々話したり不満を愚痴ったりしていた。ら、色々とゴタゴタしてきて、結局3人で仕事するはめに。
何というか…だめすぎる。

でも、あのアンシャンテでの時間と、そのあと慌てながらも頑張った時間というのは、私にとってはかなりいい時間だったと思うし(慌てて仕事をすること自体は勿論ダメなんだけど)、何というか、理想的。

私はここ1~2週間内でかなり性格改善(改変と書くのが正しいのかもしれないが、自分としては良い方向に進んでいると信じたいので、善で)が起こっていると感じていて、それはまあ誰のお陰かは書かずもがなとして、じゃあ次は何を変えるかって、人付き合いの仕方じゃないかって。
とりあえず、人と話したいのである。
予定をすり合わせて人と人を引き合わせる作業は面倒で、しかも誰か一人がやれば済んでしまう。だけど誰かが面倒な作業をやるからこそ人と人が引き合うわけで、そういう機会を増やしたいと感じるならば頑張ることは必然なのである。
と、今更になって気付いた大馬鹿者です私は。

夜はバイトの先輩とご飯に行きました。この間書いていた地下鉄の人。
あの偶然をこんな形に活かすことができたことが本当に嬉しかった。ほんの少しの勇気をふりしぼったことと、有言実行を心がけたことがこんな形になるとは。
結局ご飯を食べているときも、食べた後うちに来てからも、終始お喋りし続けていました。
この間も書いたけれど、人の価値観とか、やはり限られた関係のなかでは井の中の蛙状態になりがちで、例えばびーろっくの中では音楽を聴くことが趣味なんて人として当たり前のことだけど、一歩サークルというくくりを抜けてしまえばそれさえも当たり前でなくなるわけです。そういう意味で、今回も色々と勉強になりました。んで、やはり一歳の違いってデカイ。その一年の間に経験してきたことの違いを感じるとともに、勉強になりました。
こうやって色々吸収して、あたしも大人になるんやろなあ…。
もっともっと、たくさん話したいなあ。


と、深夜はまたお仕事に戻り、バタバタしていてブログに書けなくて、やっと今回書けました。ふう。


そして次の日は卒業ライブになるわけだけど、長くなりそうなので、記事を分けます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。